Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2020/04/7

miki houseに住んでみた【その8 おうち時間の過ごし方】

皆様、こんにちは!

ご無沙汰しております、城東展示場の寺内です♬

 

さて、岡山では桜も満開🌸

楽しい事満載のはずの春なのに

新型コロナウイルスの影響で、街は暗い雰囲気に包まれています。

私も、普段はアホな事ばっかり書いているこのブログを

どんな風に書けばいいのか…色々考えてしまって、

ずいぶん長い間更新できずにいました。

 

が!

 

いつ終息するかも分からないウイルスに振り回されて、

せっかくシリーズ化したブログを止めたくない!と思い、

今日からまた普通に書かせていただきますm(_ _)m

こんなブログでも、お家で過ごす時間が多くなった皆様の

暇つぶしに使ってもらえたら本望です(´∀`*)

 

miki houseに住んでみた【その8  おうち時間の過ごし方】

 

さて。

休日のお出かけがすっかりなくなってしまった我が家ですが、

じゃあ、お家の中で何をしているか?と言えば、

つい先日、ヘタレ息子に懇願された↓こんな物を…

作ってみました。

作って遊べるお菓子、いわゆる『知育菓子』なる物です。

私も子供の頃、色々作って遊んでました。

代表的なのと言えばやっぱり

「うまいっ!」

テーレッテレー♪

練っておいしい、ねるねるね~るねっ♪

 

ですね。

余談ですが、私が子供の頃見てたのは↑このおばあさんです。

今は違う方になってるみたいです😢

魔女にも寿命があるのですね…

 

で、このねるねるねるね。

よく親友と二人で洗面所の鏡の前に立って、

料理番組みたく

 

「ここで、お水を入れま~す」

『そんなにちょっとでいいんですね~?』

「そうなんです!節約料理ですよ♪」

『この料理のポイントはありますか?』

「しっかり練りましょう!」

 

とやり取りしながら作っておりました。

出来上がったねるねるねるねを食べて

 

「うん!美味し~~い!!」

『でしょう?お水しか使ってないんですよ?』

 

と、いるはずのないテレビ(鏡ですが)の前の視聴者に向けて

猛アピールしたものです…ε- (´ー`*)フッ

 

そんな事を思い出しながら作っていたら

私の方がやる気になってきてしまって

 

「だー!こぼれる!!貸してみ!」

「いや、イクラそんなデカくないやろ?!貸してみ!」

「待って!表面しっかりならして!貸してみ!」

 

と、結局ほぼほぼ息子ではなく私が一人で作ってしまいました。

そんな寿司職人・寺内美貴が作った渾身の作がコチラ↓

どうですか?

マグロやイクラなんかは本物っぽいんですよ、これが✨

さて、実食!

「ママも食べて~」

と言われましたが、さすがに、

見た目魚なのに、口元に持ってくると

ほんのりとラムネやベリーの香りがする食べ物は

気持ち悪くて食べられませんでした…orz

寿司職人失格です。

 

しかしながら、後継ぎである息子は

本物のお寿司食べてるみたいに一口でパクッと食べて

「めっちゃ美味しい~!」と喜んでおりました。

将来有望な寿司職人のたまごです( ̄ー ̄)

 

【miki houseに住んでみた】

その1 手荒れが治った!

その2 この色で良かった♡

その3 初めての…

その4 どうする?ニッチ

その5 ウォールステッカー

その6 防音室大作戦

その7 防音室大作戦②


寺内 美貴