Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2018/03/10

太陽光の出力制御とは??

こんにちは

最近太陽光発電を始められる方とお話していると、”出力制御”という難しい言葉について説明しなくてはならず、これがなかなか説明しにくいものなのです

今日はその”出力制御”について書いてみますね

まず”出力制御”とは何ぞや

太陽光発電における出力制御とは・・・

「出力制御」とは、電力会社が発電設備からの出力をコントロールする制度です。実は発電した電気は貯めておくことが出来ないので、その都度消費しています。
使う量(消費)と作る量(発電)を常に一定に保つのも電力会社の大切な役割の一つです。需給バランスを保つことで、安定した電力を供給しています。
しかしこのバランスが崩れてしまうと設備への悪影響があるだけでなく、大規模停電が発生する可能性があります。 太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーで発電された電気は、電力会社が買い取っています。(FIT制度)
しかし需要と供給のバランスを考えて、電力会社が「出力制御」が必要だと判断した場合、発電事業者はパワーコンディショナからの出力をコントロールして

停止したり減らさなければならないのです。このような「出力制御」を行うことで、安定した電力を私たちの元に送り出しています。

とのこと

なかなか分かりにくい

では図で見てみましょう

(クリックすれば拡大して見ることができます

無題4

簡単に言うと、天気のいい日にたくさん太陽光が発電したら、使い切れないのでその時は太陽光発電の一部を使わないようにするということでしょうか

資源エネルギー庁の資料にもこう書かれています

無題1

年間360時間まで出力が制限される

これでは売電というメリットがなくなってしまいそうです

でもご安心ください

出力制御には順番があって、皆さんの太陽光発電に影響が出るのことはないのではないかと思われます

まず順番

以下のように省令等で定められています

無題2

太陽光発電を制御するのは最終手段となっていますね

さらに

出力制御が行われる可能性が低い理由を以下に書きます

①本州の電力会社は電力会社間で電気を融通し合うことができるため、使い切れなくなる可能性が低い

②出力制御を行う必要性が、全ての原発(停止・廃炉済みも含む)が稼働している前提において検討されている

③出力制御が行われる太陽光発電設備の順番
50kW以上
10kW以上50kW未満
10kW未満

となっているので、家庭用の方は一番なりにくくなっている

以上となっています

よっていろいろ難しいことをご説明はするのですが、家庭用の太陽光発電において、おそらく今後頻繁に出力制御がかかることはそんなに無いのではないかと思われます

ただし、これから太陽光を始める方(2015年1月以降に申し込みをした方)は出力制御装置の設置は必要となりますのでご注意ください

もちろん、出力制限は100%無いとは言い切れませんので、正しい情報をしっかりと把握して頂き、最後はご自身にて決めて頂きたいと思います

その判断材料は我々イシンホームの営業スタッフまでお気軽にご相談ください

 

 

樋口の過去のブログはこちらをご覧ください↓ ↓ ↓ ↓ ↓

イシンホーム樋口のブログ

 


樋口 大介

> スタッフブログ > 太陽光の出力制御とは??