Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2019/10/24

映画日和

営業事務の福本です。

 

この休みは映画をたくさん借りてきて、

フィルム・パーティをしました!

映画館で見る映画もいいですが、家でだらだら、声出しながらの

鑑賞もいいですよね(*^▽^)〇

 

この休みで見れた映画は3本でした~!

1.THE GUILTY

2.聖☆お兄さん

3.マローボーン家の掟

 

まだ見ていないのが

4.ヴェノム

5.ボヘミアン・ラプソディー

 

う~ん、みごとにジャンルがバラバラですね!

 

THE GUILTY と マローボーン家の掟 は映画館のCMで気になっていた作品だったので

ようやく見れた~~!という感じです。

ちょっと本編の話に触れるので

気になっている方は、注意です!

 

 

1.THE GUILTY

 

ざっとあらすじ

とある事件で警察の第一線から退き、緊急通報指令室のオペレーターとなった主人公、ある日一本の通報を受ける。

今、誘拐されているという女性自身からの通報で、事件解決の手段は”電話”だけ…

 

主人公は事件を直接追うことはできず、証拠のある・関係のある場所――など、すべて

実際に見ることなく、オペレーター室の電話を通した音のみで推理・解決していくのです

 

キャッチフレーズのように、

誘拐された女性、誘拐犯、   、現場に急行した警察、かつての相棒からの音がすべて。

この事件の全貌を明らかにしていくのですが――――

 

特に物語を推理しながら見たい、見てしまう方にはぜひ見てほしいです!

なぜなら、その推理、きっと主人公とリンクするはずだからです

そして一致するからこそ、物語のパズルのピースがかみ合ったとき、主人公と同じ心境になります

 

 

2.マローボーン家の掟

こちらはカテゴリー・ホラーです

ですが、ホラーの演出よりも、どちらかというと家族愛が強く描かれている作品だな~と思いました。

 

マローボーン家の掟、とタイトルにありますが、元のタイトルは「Marrowbone」

掟、というのは付け加えられたみたいですね(‘ω’)

 

ざっと、あらすじ

アメリカの田舎にひっそりと暮らす4人の兄弟。両親がいないものの

一見穏やかで、幸せそうなこの家には5つの破ってはならない掟がある

1.屋敷を離れてはならない

2.鏡を除いてはならない

3.屋根裏部屋に近づいてはならない

4.汚された箱に触れてはならない

5.なにものかに見つかったら、砦に逃げること

あるとき、この5つの掟の一つを破ったことで屋敷の「何か」がうごめき始める…

 

はじめは「ん?なんで?」という点が多いのですが

ストーリーが進むごとに、この掟が「なにをいみしているのか」が暴かれていくのと同時に

屋敷にいる「なにか」が現実の世界に姿を現していきます

 

前半の兄弟たちの和やかな日常とは打って変わって、後半は薄暗く、恐怖がつきまといます

しかし、最後には、泣けるストーリーとなっています

 

 

私は、ラストのシーン、この主人公はこのままなんだな、それでいいのだろうか?

という漠然と「少し怖い」という感想でした

 

 

 

 

 

ネタバレ厳禁の二作品、とても面白いので

ぜひぜひ見て、「え!?」と驚いてください

 

 

 

 

 


福本 紗菜