Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2019/09/26

大漁旗は海の男の心か

先日の、白石島へのアフターメンテナンスの仕事でフェリーに乗って訪問したときの話の続きですが、

帰りに行き交う船の中に、四方を笹竹を立てて、つないだ縄に大漁旗を一杯飾っているフェリーを見かけました。

 

これは何だろうと不思議に思いました。

 

漁船は、出航や帰港の時、大漁旗を掲げている姿はよく見かけるが、

フェリーにこの姿は、どんな意味があるのか?

誰か地元の人に尋ねることができなかったが、

航海の安全と繁栄を願っての大漁旗だろうと思います。

 

このフェリーにとって、その日は何かの記念日なのかも知れません。

それにしても、船底一枚地獄と言われる過酷な海で、航海の安全を祈る仕事に携わる人の真摯な姿に触れた気がします。

 


大嶋 敏浩

> スタッフブログ > 大漁旗は海の男の心か