Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2019/05/30

夏目漱石への正岡子規からの歌

我が家からのいつもの散歩コースに、夏目漱石が親戚の家に夏休み宿泊した記念の場所に今度新たに石碑が立ちました。

石碑には、「鳴くならば 満月に啼け ホトトギス」という歌が彫りこまれています。
由緒書きを読むと、
明治25年7月、岡山に滞在中に 夏目漱石に正岡子規から、手紙で「大学の学年末試験に落第し、退学しなければいけない」と伝えててきたことに対して、励ましの返歌として、上記の歌を送ったとのこと、
意味は、「同じ鳴くなら、満月(大学を卒業して)にうれし泣きせよ 子規よ」ということです。
親友への励ましの気持ちが溢れている夏目漱石に岡山でのつくられて唯一の俳句だそうです。

 


大嶋 敏浩

> スタッフブログ > 夏目漱石への正岡子規からの歌