Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2020/03/20

新社屋と石川啄木

みなさん、こんにちは イシンホーム岡山  大角です。

今回は原尾島新社屋と石川啄木について触れてみたいと思います。

石川啄木は著書「菊池君」の中で以下の文章を残しております。

 

「天地一白の間に紅梅一朶(いちだ)の美觀を現出したるものは即ち我が新築の社屋なり。」

 

もうすぐ完成する原尾島新社屋ですが、この建物を観て個人的に想起されるのが、上記の啄木の言葉です。

ちなみに、

明治時代の歌人・詩人である石川啄木の小説「菊池君」(基本的には歌人・詩人なのですが小説も書いていたんです!!)

とは、郷里が啄木と同じ盛岡であり、啄木が釧路の釧路新聞社に勤務していた頃も

交遊のあった菊池武治氏の事です。

それでは、また。よろしくお願い致します。

 

 

 

 


大角 俊介