Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2018/11/8

超人気漫画「スラムダンク」に学ぶこと

こんばんは、廣川です

立冬も過ぎ、展示場の敷地内に舞う、落ち葉の数も

次第に増え、木枯らしと戯れる季節がやってきました

暦の上では、冬ですよ

でも今日の日中は日差しが強かったですね

消費税の駆け込みの影響だろうか

ここ数ヶ月忙しさが増してきた

そんな時こそ、ミスしないように休息が大事

ただ、がむしゃらにがんばるだけでは意味がない。

先日、いつもお世話になるヘアカット屋さん待合室に

こんな漫画が置いてあるのに気付く。

超ヒットバスケ漫画「スラムダンク」

今まで気付きもしなかった

なぜ、今回目に留まったのか

ちょうど最近こんな本を読んだからだろうか。

スポーツドクター辻秀一先生の「スラムダンク勝利学」

この本に出会ったのも、いつも車の移動中には

自己研鑽のためライブインタビューを聞いている

以前観たり・聴いたものの中から再度聴き直しますが

そんな中、スポーツ心理学を応用したメンタルトレーニングで

多くの選手の成果を確実に上げている「フロー理論」。

ふと動画の画面にこの本が写っていたのだ

8年前に聴いたインタビューでしたが

実に新たな発見があります

「フローな状態」とは、揺らがず、とらわれずな心の状態

毎日の仕事には、勝ち負けの判定ないわけですよ

なんとなく今日は、適当に仕事したとしても判定されない。

スポーツの世界だとはっきりと勝敗がつきますよね

どこかのCMやないけど、「結果にコミット」すべし

我々営業ならば、すばり契約数・契約率でしょう。

周りを見ていて思うことがある

先生も言われている三つ現代病

その一つが、昔ながらのストレスを抱えながらも

気合と根性で働いている人。

次に、ストレスに負けてうつっぽくなって

身心の症状を出しながら、働いているのかいないのか

わからない問題を起こしている人。

最後に、「結果に対するコミットするからあんなになっちゃなんだ。」と

言って結果にたいするコミットはしない人。

そんな人に私は言いたい

休んでいいんだよ

漫画のこのシーン、休養も練習だ

我々は、何のために働くのかを今一度考えて欲しい

先日の日経新聞の広告にんなのがありました

「人材」をいろいろなタイプに合わせますね

宅配便のヤマト運輸の生みの親 小倉昌男さんが説かれている

あなたは、ヤマトの中でどの人だと思いますか?

どの社員になりたいですか?

「人財」何でも出来、宝となる人

「人材」働きのある、役に立つ人

「人在」何もせず、居るだけの人

「人罪」居るだけで、罪になる人

あなたは、どれになりますか?

さらに細かく分けるとこうなる

まあ、一度きりの人生ですから

明るく・元気に・勇ましく・朗らかに・溌溂颯爽と

生きたいものです

情熱住宅屋 廣川 善信

過去10年間の私のブログは、こちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://blog.livedoor.jp/ishinhome3/


廣川 善信

HOME > スタッフブログ > 超人気漫画「スラムダンク」に学ぶこと