Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2019/12/3

町で見かけた上品な珍しい屋根

吉備津神社のそばに、とても上品な平屋の建物があります。

今年、初夏に、何回か、そばを通った時、ちょうど建築中で、

屋根の施工が、とても凝っているな、何ができるのだろうと興味を持って見ていました。

屋根は、切妻とか、寄棟とか、片流れ(イシンでは太陽光パネルを載せるので、片流れ屋根が多い)が一般的で、昔ながらの入り母屋といいう屋根もありますが、新築ではそれほど多くありません。

この屋根はとても、流星系で、なめらかで、今までにみたことない珍しい屋根形です。

吉備津神社の茶店か土産物屋かなと思っていましたが、一般住宅でした。

 

個人住宅だったことに、再度驚いたのですが、このあたりの風景にピッタリで、デザインされた方のセンスに脱帽です。

町の価値を高めるものは建築物です。同じ住宅屋として、心に留めたいと思いました。

 

 

 


大嶋 敏浩

> スタッフブログ > 町で見かけた上品な珍しい屋根