Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2019/08/10

戦後74年後に伝承すること

こんにちは、廣川です

これからお盆休みに入られる方も多いのかと

私は日本人としてやはり盆・正月には

のんびに過ごしたいなぁと思う

そして静粛なひと時に

養心の書を読み、養生の道を学ぶ

正しい考えに行きつくためには、

止まって考えることが必要です

だから

正という字は一と書いて、その下に止まると書くのです

忙しい時ほど、静かに静座し、黙想するのがいいでしょう。

自分を見失わないためにもね

お盆の期間中に、戦後74年後の令和最初終戦記念日を迎えます

私は、今年の3月に原爆被爆者の会の活動に参加しました。

全国でも岡山だけです、原爆被害者会の事務局が、県庁の中に

あるのは、

今年の5月で岡山市の原爆被害者の会長平末さんが高齢のために

退任されました

平末さんからは、戦時中、私の祖父が広島駅長をしていた時の

部下だったこともありいろいろお話を聞かせていたたきました。

悲惨な戦争、そして原爆を体験した方が、亡くなられたり

高齢になり直接お話を伺うことが稀有になりました

若い子供たちの中には、日本がアメリカと戦争したことすら

知らないという。

最近の韓国との関係の悪化も、正しい歴史を学ばせて

来なかった弊害でしょう。

昔の義務教育で学んだことがすべて正しいとは、限らない

自ら興味を持ち、調べてください

真実を語るには、体験した本人から直接聞く

そして、それを後世に伝える必要がある

上記住職のように広島市は、「被爆体験伝承者」を募集し

三年の研修を経て認定され、若い世代に核兵器の悲惨さを

伝えている

核兵器を使うのではなく、持つことにより抑止力になる

そんな議論も一方ではある。

私の願いは、核のない世界より戦争のない世界でありたい。

情熱住宅屋 廣川 善信

過去10年間の私のblogは、こちらです

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://blog.livedoor.jp/ishinhome3/


廣川 善信

> スタッフブログ > 戦後74年後に伝承すること