Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2018/07/14

楽器の保険

皆さん、こんにちは。

城東展示場の寺内です。

 

あの恐ろしい夜から1週間が経ちました。

今日は今回の水害を受けて自分でも少し調べてみた

『お家の保険』の事について書いてみます。

中でも、私は初めて書いたブログでもちょろっと触れた通り、

ずっと音楽をやってきているので、家には楽器部屋があるため、

「楽器が被害を受けたら保険っておりるの?」という部分が

1番気になります。

 

・88鍵ステージピアノタイプのシンセサイザー

・61鍵のシンセサイザー×2

・電子オルガン(YAMAHA Electone STAGEA)

・トロンボーン

6帖ほどのお部屋に、これだけの楽器を置いてあります。

中でも1番高価かつ大きな楽器は電子オルガン、

いわゆるエレクトーンです。

 

今回の水害で、もし我が家が浸水していたとしたら

他の楽器は高い場所に移動できていたと思いますが

エレクトーンは無理です。絶対に。

総重量100kgを超す超重量級、横綱級です。

高い所にかわしたくても、かわす場所が我が家にはありません。

という事は、この楽器に関してはもう水に浸かって

しまう事を覚悟しなければならないという事ですね。

ちなみに【電子】オルガンというだけあって

もちろん1度水に浸かってしまうと使いものにならなくなります。

 

でも…冷蔵庫とかソファとかベッドなどの

いわゆる家財道具とは違うものだし、

これに保険っておりるんでしょうか?

 

結論から言えば「おります」。

楽器も家財の一部として扱われるみたいです。

 

特にエレクトーンやシンセなどの電子楽器は

美術的価値や骨董的価値がつくような

ヴィンテージ楽器とも違うので

火災保険加入時に家財保険もつけておけば

ちゃんとおりるみたいです。

しかしながら、電子楽器というのは

年々価値が下がっていく、いわば車と同じような

扱いになると思われるので、

買った時のまるまる全額はおりないと思いますが…💦

もちろん、ご自分が加入している火災保険、家財保険で

違いは出てくるかと思いますので、

私の記事は参考程度になさってくださいませm(_ _)m

 

今回の水害を受けて、いろんな事を考えました。

現在『被災地』として連日報道されている県の

県民として、今回は運よく免れたけれど、

もし自分がその立場になってしまった時に

どうするのか、何をしなければならないのか、

しっかり考えていこうと思います。

 


寺内 美貴

HOME > スタッフブログ > 楽器の保険