Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2019/11/10

あのもち投げの上棟から7年

こんばんは、廣川です

秋もいよいよ深まり、そろそろ日本列島が美しく染まる

季節になりますよね

自然の贈り物は、時にひっそりと

そして、艶やかな姿で語りかけ

豊かな感情を呼び覚ましてくれます

今日も完成見学会を開催していましたが

前回の完成見学会には

7年前にお引渡ししたM様ご家族が

「チラシに廣川さんが載っていたんで来ました」と

とてもうれしい突然の訪問です

私が、10年前に倉敷店店長時代の倉敷エリアでは

オープン当初知名度がない時に、ご主人様がお声を掛けてくれました

アパート経営をされている大母様のことばを思い出します。

「孫を保育園に連れて行くと、どこの会社で建てるの

アパートと同じ大手ハウスメーカーでしょと聞かれて

いいえ、イシンホームよというと皆さんが、知らないと

言うのよ

でも、引渡の頃には、みんなイシンホームを知っていたわ

倉敷店をオープンして毎年毎年、受注数を伸ばして

倉敷エリアでは、年間100棟近く建てて、トップ3まで伸ばしたからね

当時のスタッフみんなが、よくがんばってくれたおかげです

M様の経営するアパートに住んでいた方からも

新築を建ててもらったしなぉ

大母様は、冗談で困るわ

と言ってましたけど

上棟の時は、もち投げをしましたね

いい思い出です

そして

あの時のかわいい二歳だった女の子も

大きくなりましたね

とても素敵な家だったので

住宅雑誌の掲載にも快く承諾くれました。

ほんとうに素敵なご夫婦です

見学会には、新規のお客様ばかり来るのでなく

契約してこれから建築される方も来ます

ご友人同士、同じ分譲地内に来年新築完成予定の

K様・O様です。

私が330棟以上のお家をお引渡し出来たのも

会社を好きになったこと

仕事を好きになったこと

そして

そのことによって今日の私があるのだ

趣味や娯楽に興じる楽しさもあるが

わざわざ会いに来てくださる素敵なお施主様との

仕事を通じて得られる「楽」は

趣味や娯楽の楽しさとは、趣を異にする。

お施主様と一体になった時に生命の深奥から

湧き上がってくる楽しみは、「真楽」である

物事に無我夢中、真剣に打ち込んでいる

まさに

その時に味わう楽しさが、真楽なのである

人生の醍醐味とは、この真楽を味わうことに

他ならない。

松下幸之助翁の言葉に

「困難に直面すると却って心が躍り、

敢然と戦いを挑んでこれを打破していく。

そんな人間でありたい」

私もそういう楽しみを味わえる人になりたいものである。

情熱住宅屋 廣川善信

過去10年間の私のブログは、こちらからどうぞ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://blog.livedoor.jp/ishinhome3/


廣川 善信

> スタッフブログ > あのもち投げの上棟から7年