MAGAZINE
雑誌掲載

雑誌掲載

  • 私たちの家づくりストーリー

    01

    カリフォルニアテイストの心地よい住まい

    ご夫婦と子どもたちの笑顔がはじける念願のマイホーム。
    それをかなえたイシンホームのスタッフと一緒に、家づくりのこだわりや実際の暮らしぶりをお聞きしました。

    DATA
    【築1年】
    施主家族/ご主人:岡井 基季さん、奥様:茜さん、長女:萌さん、次女:日和ちゃん
    イシンホームで家を建てようと思ったきっかけは?

    友人がイシンホームさんで建てていたこともあり、家づくりを考えたときから気になっていました。初めて見学に訪れた際のモデルハウスの雰囲気やデザインが素敵だったのと、営業担当の黒岡さんの親切で丁寧な対応に安心して任せられると思い、イシンホームさんに決めました。

    家づくりでよかったことは?

    私たち家族の要望にすぐ対応していただけたので、打ち合わせはスムーズに進みました。また、SNS利用で、黒岡さんや棟梁など家づくりに関わるスタッフといつでもつながれたので、些細なことでも気軽に相談できたのがよかったですね。建設中は毎日のように現場を訪れて、棟梁とお話をしたり、できあがる工程を確認したりと、とても貴重な経験になりました。

    特にこだわったところはどこですか?

    1階は間仕切り壁やドアを必要最小限にし、リビングに吹き抜けを設けました。所々にお気に入りのカラーを取り入れ、開放感のあるカリフォルニアテイストの住まいを目指しました。また、キッチンから1階全体が見渡せる間取りにしたので、子どもたちの気配を常に感じられるのも安心ですね。夫婦そろってお酒を飲むことが好きなので、キッチンにお酒専用のディスプレイ棚まで作ってもらいました(笑)。

    実際に住んでみてどうですか?

    住み始めて1年ほど経つのですが、以前よりも家族で過ごす時間が増えたように思います。毎日気がつくとリビングに集まっていて、みんなでテレビを見たり、夫婦でお酒を飲んだりと、リラックスタイムを満喫しています。また、LDKとウッドデッキをつないだ空間が広々として心地よく、友人家族を招いて賑やかに過ごす時間も家族みんなの楽しみになっています。

    陽光が注ぐ吹き抜けリビング。床を一段下げることで、空間の開放感と広がりを演出

    キッチンにいながら見渡せるダイニングテーブルは、イシンホームからの粋なプレゼント

    吹き抜けから、2階にいる子どもたちの楽しそうな声が響く

    リビング続きのウッドデッキはアウトドアリビングとして大活躍

    木目と植栽のグリーンが映えるエントランス。奥にウッドデッキが見える

    陰影のあるサイディングが目を引く外観。屋根には太陽光発電システムも

> 私たちの家づくりストーリー1