Ishinhome Blog
イシンホーム岡山 ブログ

2018/07/12

平成30年7月豪雨

この度の豪雨により、被害を受けられた皆さまには

心よりお見舞い申し上げます。

 

城東展示場、寺内です。

 

私が住んでいる地域も避難指示が出ていました。

冒頭の写真は自宅のすぐそばの用水路の水位が

一番上がっていた時の写真です。

 

私の住む地区以外の周りの地区はすでに浸水しており、

避難指示は出ていたものの、3歳の男児と4匹の猫を

抱えて避難所に行くのはものすごい労力と覚悟が必要です。

ここまで切羽詰まった状況も初めてだったので

どの段階で避難すればいいのか、

避難した所でペットがいるのに受け入れてもらえるのか、

何もかも分からず結局不安いっぱいながらも

自宅で雨が止むように祈り続けるしかできませんでした。

 

結局、この水位のまま持ちこたえてくれたので

結果的には私の住む地区は浸水の被害を免れました。

 

『岡山県は災害が少ないが、少ないが故に

本当に災害が起こった時の対処が下手だ』

 

と言われた事があります。

全ての岡山県民がそうではないとは思いますが、

少なくとも、この言葉は私にはピッタリ当てはまります。

 

本当にどうしていいか分からなかった…

 

不幸中の幸いだったのは、普段は出張ばかりで

ほぼ家にいない夫がいる期間に災害が起こった事です。

夫は阪神大震災経験者なので、私よりも冷静で

しっかりと状況を把握していました。

 

子を持つ母親として、状況をちゃんと見極め、

しっかりと子供を守らないといけないなと反省しました。

 

今週月曜からイシンホーム岡山の社員総出で

被災されたお客様への対応にあたっています。

 

『岡山県は災害が少ないから、

県民で協力する機会が少なく、自分勝手な思考の人が多い』

 

とも言われた事がありますが、

これは少なくとも私の周りの人たちには当てはまりません。

今回、生まれて初めてこんな災害に遭遇した社員は確かに多いですが

みんな、お客様のために今できる事を協力して

精一杯頑張っています。

今日以降ももちろん頑張ります!

 

イシンホームのお客様だけでなく、

被災された全ての皆様に、平穏な日々が

1日も早く戻ってきますように。

 


寺内 美貴

HOME > スタッフブログ > 平成30年7月豪雨